相談事例Q&A

ご相談事例
Q&A形式でご紹介いたします

  • Q&A一覧
  • テーマ別
  • 地域別
  • Q&A一覧
  • テーマ別

修正の申告

相続税の申告をした後に、申告した金額が本来申告すべき税額より少なかった事に自ら気づいた場合、速やかに税務署にその旨を申告しましょう。これを修正の申告といいます。

申告不足があった場合、自ら気づくことは少ないかもしれませんが、万が一申告にもれがあり、その事について税務署の調査が入ってしまった場合には、本来納付する税額に加え、加算税も納付しなければならなくなります。これがたとえ故意によるものでなくてもです。

このような事がないように、申告にもれがあったり、少なく申告してしまっていたことに自ら気付いた場合には速やかに税務署に修正申告をしましょう。

申告漏れがあり、それを自ら修正申告を行い、内容に不備がなければ加算税を課せられることはありません。しかしながら税務署の調査によってこれは相続財産なのでは?と、相続財産と自己判断できなかったものに対し、思いもよらぬ指摘を受けることもあります。相続財産であるのか、申告が必要な財産なのか、ご自身で判断がつかない場合には申告する前の段階で税理士にご相談されることをおすすめいたします。

税務署に指摘をされてからですと加算税や、申告期限が過ぎていれば延滞税も課せられることになりかねませんので、申告期限前の早期のご相談をおすすめいたします。

 

その他、相続税申告と納税に関する詳しい情報はこちら!

 

F&Partnersグループ

F&Partnersグループでは、遺産相続・相続税申告をワンストップでお手伝い。
まずは、お気軽に無料相談をご活用ください。

  • 初回の無料相談はこちら
  • 事務所案内
  • サポート料金
  • アクセス

電話:075-741-6530

無料相談実施中!

  • 無料相談はこちら
  • 事務所案内はこちら
  • 事務所へのアクセス

事務所案内詳しく見る

京都オフィス
〒604-8162
京都市中京区七観音町623番地 第11長谷ビル5階

パートナー
司法書士詳しく見る

滋賀オフィス
〒525-0027
滋賀県草津市野村1丁目2番16号
大阪オフィス
〒540-0026
大阪市中央区内本町1丁目1番1号 OCTビル4F

アクセス詳しく見る

  • 京都・滋賀・大阪相続遺言相談所
  • 京都・滋賀・大阪 測量・調査・登記相談所
  • 一般社団法人近畿シルバーライフ協会
  • 士業専門の転職サイト 士転職ドットコム