相談事例Q&A

ご相談事例
Q&A形式でご紹介いたします

  • Q&A一覧
  • テーマ別
  • 地域別
  • Q&A一覧
  • テーマ別

相続税の申告方法

ここでは相続税の申告方法についてご説明させていただきます。

相続財産が相続税の基礎控除額を超える場合には、必ず相続税の申告が必要となります。申告先は申告書と共にそれぞれの財産に関する必要書類を準備して、被相続人の死亡時の住所地を所轄する税務署に申告します。申告書は税務署でも取得できますが、国税庁のホームページからダウンロードすることもできます。

その他、必要書類について詳しくはこちら→相続税申告の必要書類

この申告は、原則相続が発生した日の翌日から10か月以内に行う必要があります。申告は相続財産の合計金額が基礎控除額を超えていない場合には申告する必要はありませんが、その他の控除(配偶者控除や小規模宅地の特例など・・・)を適用されることにより相続税がかからないという場合には、相続税の申告をすることで初めて適用されますので、控除を適用するために申告は必要となりますので注意しましょう。

 

その他、相続税申告と納税に関する詳しい情報はこちら!

 

F&Partnersグループ

F&Partnersグループでは、遺産相続・相続税申告をワンストップでお手伝い。
まずは、お気軽に無料相談をご活用ください。

  • 初回の無料相談はこちら
  • 事務所案内
  • サポート料金
  • アクセス

電話:075-741-6530

無料相談実施中!

  • 無料相談はこちら
  • 事務所案内はこちら
  • 事務所へのアクセス

事務所案内詳しく見る

京都オフィス
〒604-8162
京都市中京区七観音町623番地 第11長谷ビル5階

パートナー
司法書士詳しく見る

滋賀オフィス
〒525-0027
滋賀県草津市野村1丁目2番16号
大阪オフィス
〒540-0026
大阪市中央区内本町1丁目1番1号 OCTビル4F

アクセス詳しく見る

  • 京都・滋賀・大阪相続遺言相談所
  • 京都・滋賀・大阪 測量・調査・登記相談所
  • 一般社団法人近畿シルバーライフ協会
  • 士業専門の転職サイト 士転職ドットコム