相談事例Q&A

ご相談事例
Q&A形式でご紹介いたします

  • Q&A一覧
  • テーマ別
  • 地域別
  • Q&A一覧
  • テーマ別

相続人全員の申告が必要

被相続人の財産を相続する相続人が複数人いる場合には、一般的には相続人全員で一つの申告書を提出することになります。相続人同士、特に争うようなこともなく、遺産分割の話合いがまとまっていれば問題なく全員での相続税の申告がスムーズに進みますが、相続人間で争いなどが発生していると相続人が各自で相続税の申告を提出するケースもあります。このような場合に注意しなければならないのが、相続人が各自で申告書を提出することになりますと、各々で申告の内容が食い違っている事があります。そうなると、税務署はどの相続人の申告が適正な申告書であるのかを調査しなければなりません。相続税の申告だけでかなりの労力と時間を費やしてしまうことになります。そして忘れてはいけない相続税の申告期限もあります。

遺産分割で相続人同士話し合いがうまくいかずに争いなどがあり、なおかつ相続税申告が必要である場合には早期にご相談いただくことをおすすめいたします。

 

その他、相続税申告の注意点に関する詳しい情報はこちら!

F&Partnersグループ

F&Partnersグループでは、遺産相続・相続税申告をワンストップでお手伝い。
まずは、お気軽に無料相談をご活用ください。

  • 初回の無料相談はこちら
  • 事務所案内
  • サポート料金
  • アクセス

電話:075-741-6530

無料相談実施中!

  • 無料相談はこちら
  • 事務所案内はこちら
  • 事務所へのアクセス

事務所案内詳しく見る

京都オフィス
〒604-8162
京都市中京区七観音町623番地 第11長谷ビル5階

パートナー
司法書士詳しく見る

滋賀オフィス
〒525-0027
滋賀県草津市野村1丁目2番16号
大阪オフィス
〒540-0026
大阪市中央区内本町1丁目1番1号 OCTビル4F

アクセス詳しく見る

  • 京都・滋賀・大阪相続遺言相談所
  • 京都・滋賀・大阪 測量・調査・登記相談所
  • 一般社団法人近畿シルバーライフ協会
  • 士業専門の転職サイト 士転職ドットコム