相談事例Q&A

ご相談事例
Q&A形式でご紹介いたします

  • Q&A一覧
  • テーマ別
  • 地域別
  • Q&A一覧
  • テーマ別

基礎控除の改正

相続税には基礎控除額というものが設定されています。

これまでの相続税の基礎控除額は

5,000万円+(1,000万円×相続人の人数)=基礎控除額でしたが、

平成27年1月1日以降の基礎控除の改正がされ、この日以降に発生した相続に関しては

3,000万円+(600万円×相続人の人数)=基礎控除額と控除額が大幅に減額されました。

また、資産2億円超の相続の場合の税率もこれまでよりあがりました。

これまで相続税の申告というと裕福な家庭にしか関係ないという認識があったかもしれませんが、この基礎控除額の減額により課税対象者が増え、一般家庭の方無関心ではいられなくなったのです。特に注意しなければならないのは、財産のほとんどが不動産であり、現金があまり残っていない場合には注意が必要です。不動産ばかりを所有していることによって相続する際に相続税の基礎控除額を超え、相続税の申告が必要となったが、一括払いできるほどの現金が無い!このようなケースは以外と多くみられるのが現状なのです。

残された家族の為に今自分にできること。これまでより一層の生前の対策や備えを考えていく必要があります。エフ&パートナーズグループでは、生前対策や老後の備えに関するご相談も対応させていただいております。是非お気軽にご相談ください。

 

その他、相続税申告の注意点に関する詳しい情報はこちら!

F&Partnersグループ

F&Partnersグループでは、遺産相続・相続税申告をワンストップでお手伝い。
まずは、お気軽に無料相談をご活用ください。

  • 初回の無料相談はこちら
  • 事務所案内
  • サポート料金
  • アクセス

電話:075-741-6530

無料相談実施中!

  • 無料相談はこちら
  • 事務所案内はこちら
  • 事務所へのアクセス

事務所案内詳しく見る

京都オフィス
〒604-8162
京都市中京区七観音町623番地 第11長谷ビル5階

パートナー
司法書士詳しく見る

滋賀オフィス
〒525-0027
滋賀県草津市野村1丁目2番16号
大阪オフィス
〒540-0026
大阪市中央区内本町1丁目1番1号 OCTビル4F

アクセス詳しく見る

  • 京都・滋賀・大阪相続遺言相談所
  • 京都・滋賀・大阪 測量・調査・登記相談所
  • 一般社団法人近畿シルバーライフ協会
  • 士業専門の転職サイト 士転職ドットコム