相談事例Q&A

ご相談事例
Q&A形式でご紹介いたします

  • Q&A一覧
  • テーマ別
  • 地域別
  • Q&A一覧
  • テーマ別

相続関係図の作成

相続関係図は、相続人の関係を図式化したものです。戸籍から確定した相続人を分かりやすく書面に図式化します。この相続関係図は略して「相関図」と言われています。取り寄せた戸籍を一つ一つ確認して相続人に漏れがないよう注意して作成しましょう。

相続関係図の作成方法

相続関係図は特に決まった書式はありませんが、紙と筆記用具でどなたでも作成することができます。
ただし、鉛筆など、容易に修正するこができる筆記用具は適していません。最近ではパソコンなどで作成される方も多くいらっしゃいます。

基本的には亡くなった方(被相続人)と相続人全員の住所、氏名、生年月日を記し、被相続人との関係がわかるように線(婚姻関係は二重線)でつなげるという記載方法になります。

 

相続関係図の必要性

相続関係図の作成は法律で決まっている手続きではありませんが、遺産分割をする際非常にスムーズですし、証明にもなります。

また、不動産の登記申請の際に、この相続関係図を提出すると、戸籍謄本の原本が返還してもらえます。戸籍謄本は不動産の登記申請以外にも財産の名義変更で必要になる場面が多数ありますので、原本を返還してもらうことにより使いまわすことができます。

 

その他、相続人調査と財産調査に関する詳しい情報はこちら!

F&Partnersグループ

F&Partnersグループでは、遺産相続・相続税申告をワンストップでお手伝い。
まずは、お気軽に無料相談をご活用ください。

  • 初回の無料相談はこちら
  • 事務所案内
  • サポート料金
  • アクセス

電話:075-741-6530

無料相談実施中!

  • 無料相談はこちら
  • 事務所案内はこちら
  • 事務所へのアクセス

事務所案内詳しく見る

京都オフィス
〒604-8162
京都市中京区七観音町623番地 第11長谷ビル5階

パートナー
司法書士詳しく見る

滋賀オフィス
〒525-0027
滋賀県草津市野村1丁目2番16号
大阪オフィス
〒540-0026
大阪市中央区内本町1丁目1番1号 OCTビル4F

アクセス詳しく見る

  • 京都・滋賀・大阪相続遺言相談所
  • 京都・滋賀・大阪 測量・調査・登記相談所
  • 一般社団法人近畿シルバーライフ協会
  • 士業専門の転職サイト 士転職ドットコム