相談事例

大阪の方より相続税についてのご相談

2021年04月08日

Q:父の遺品整理をしていたら多額の現金が見つかったのですが、相続税申告の対象になるのか税理士の先生にお伺いします。(大阪)

父の遺産について税理士の先生にお伺いします。先月、大阪に住む父が亡くなりました。両親はかなり前から別居しておりましたので、母と遺品整理をしに大阪を訪れたところ父の自宅には多額の現金が保管されていました。
父は大阪市内にいくつか不動産を所有しておりましたので、相続税申告が必要かどうか調べるため遺産調査を行う必要があり先日から着手しておりましたが、まさか自宅に多額の現金が保管されているとは思いませんでした。このように自宅で保管されていた現金の扱いはどうしたらいいのでしょうか。相続税申告が必要になるかもしれませんのでご回答よろしくお願い致します。(大阪)

A:いわゆる“たんす預金”も相続税申告の際の課税対象となります。

まず、相続税申告は申告納税制度ですので、相続人は全財産の総額を集計し、相続税申告と納税までを行なわなければなりません。 ご自宅に保管されていた“たんす預金”も被相続人の財産です。たんす預金などの現金も含め、不動産、有価証券、乗り物、みなし相続財産、被相続人の死亡前3年以内に受けた贈与なども全て相続税申告の課税対象となります。

たんす預金は銀行に預けている預貯金とは異なり、金額の証明ができるわけではありませんが、被相続人の自宅にある出来る限りの現金を集計し、相続財産として含めて相続税申告をすれば問題ありません。

とは言え、相続税申告の課税対象であるにもかかわらず、相続税申告をせずに家で保管することは出来ません。税務署は被相続人の生前の所得金額を把握しておりますので、今までの所得水準と比較して現金の流れを調査することが出来ます。被相続人の口座だけでなく、相続人の口座に関する入金や不自然な動きがないか確認されますし、疑わしい内容について相続人は事情の説明を求められます。

京都滋賀相続税申告相談所では、大阪の皆様の相続税申告のお手伝いをさせていただいております。被相続人の遺産について分からないことがおありでしたら、相続税申告の専門家が在籍する当相談所の税理士にご相談ください。相続税申告は複雑で、専門的な知識を要する難しい分野です。
間違った相続税申告をしてしまうとペナルティが課されることもありますので、大阪の皆様には相続税申告専門の税理士に相談をする事をお勧めしております。
当相談所では、大阪の地域事情に詳しい相続税申告の実績豊富な税理士が大阪の皆様の親身になって対応させて頂いております。大阪の皆様には初回無料の相談の場を設けておりますのでお気軽にお問い合わせ下さい。スタッフ一同、大阪の皆様からのご連絡を心よりお待ちし申し上げております。

相続税申告なら京都滋賀相続税申告相談所

京都エリア、滋賀エリアを中心に相続税申告をワンストップでお手伝いいたします。
まずは、お気軽に無料相談をご活用ください。

  • 初回の無料相談はこちら
  • 事務所案内
  • アクセス

電話:075-741-6530

【アクセス】京都オフィス
京都市営地下鉄 東西線の烏丸御池駅より徒歩3分の好アクセス!

〒604-8162 
京都府京都市中京区七観音町623番地 第11長谷ビル5階