相談事例

滋賀の方から相続税についてのご相談

2020年08月08日

Q:税理士の先生へ質問があります。生前に贈与をうけていた財産は相続税の対象になるのでしょうか(滋賀)

先日82歳の父が亡くなりました。生前、私と私の子供は滋賀の実家で父と同居しており、相続税の対策として10年の間、時折父から贈与をうけていました。年間110万を超えた贈与はうけていなかった為、贈与税の納付はしていません。父の相続では、10年間父からうけていた贈与分は何か申告は必要なのでしょうか?相続税の対象になるようなことはあるのでしょうか。相続人は私と母の二人になります。(滋賀)

 

A:被相続人が亡くなる3年前までの贈与分は相続税の計算に含めます。

お父様の相続では相続人であるご相談者様と、相続人ではないご相談者様のお子様がうけた贈与分についてそれぞれ相続税の計算上どのように扱われるのかを確認していきましょう。

相続税の計算では、下記に当てはまる人が相続が開始された日から3年前までに贈与を受けていた場合には贈与分を相続税の計算に含めて計算をする必要があります。

  • ・財産を取得した相続人
  • ・受遺者
  • ・みなし相続財産(生命保険金など)を取得した人
  • ・相続時精算課税制度の適用者
  •  

ご相談者様の場合、お父様が亡くなる前の3年間ご相談者様が受け取った贈与分も課税の対象として計算する必要があります。なお、ご相談者様のお子様の贈与分の扱いについては、生命保険等を受け取っているか否かにより異なってきます。

また、課税価格に加算する必要がなくなる贈与税の特例を適用していたかどうかによっても変わってきます。

相続税の課税価格の計算は上記のような制度も把握した上で行う必要があります。

相続税の計算では、どの財産を含めて計算するのかといった知識がないと判断が難しいので、ご自身で行う際には注意が必要です。理解していないままいい加減に計算をして本来申告する内容より少ない内容で申告をしてしまうと、後々ペナルティを受けてしまう場合もあります。

ご自身で相続税の計算をするには上記のようなリスクも伴いますので、被相続人の生前に贈与があった場合には、まずは相続税申告の専門家にご相談されることをお勧めいたします。京都滋賀相続税申告相談所では、滋賀の皆様の相続税申告をお手伝いさせていただいております。

被相続人の最後の住所地が滋賀の方、相続人の方が滋賀にお住まいの場合など、滋賀で相続税申告のご相談なら京都滋賀相続税申告相談所へお気軽にご相談ください。相続税に精通した専門家がご相談者様の相続税申告を丁寧にサポートさせていただきます。初回のご相談は完全無料で対応させていただいております。まずはお気軽にお問い合わせください。

相続税申告なら京都滋賀相続税申告相談所

京都エリア、滋賀エリアを中心に相続税申告をワンストップでお手伝いいたします。
まずは、お気軽に無料相談をご活用ください。

  • 初回の無料相談はこちら
  • 事務所案内
  • アクセス

電話:075-741-6530

【アクセス】京都オフィス
京都市営地下鉄 東西線の烏丸御池駅より徒歩3分の好アクセス!

〒604-8162 
京都府京都市中京区七観音町623番地 第11長谷ビル5階