相談事例

京都の方より相続税に関するご相談

2021年02月05日

Q:相続税申告に関わる不動産評価の仕方を税理士の先生に教えていただきたいです。(京都)

京都市に住む50代主婦です。先日、実家に住む母が亡くなりました。京都で葬儀を済ませ、現在は相続手続きを進めております。その中で、相続税申告を行う必要があるかどうか判断できずに悩んでおります。というのも、実家の不動産評価のやり方が分からないのです。相続税申告を行うのであれば、期限もあるということでなるべく早く済ませたいのですが、手続きが進みません。どういった基準で不動産評価を行うのでしょうか。ちなみに父は既に亡くなっているので、相続人は私と妹の二人となっています。(京都)

A:相続税申告における不動産評価は、土地と建物に分けて行っていただきます。

不動産についての評価は、土地と建物の二つに分けて行われます。ご相談者様の言うように、相続税申告を行う場合は、不動産評価が必要となります。預貯金の様にそのままの金額を評価額とするのではなく、下記の基準を基に評価をしていきます。

まず土地の評価に関しては、路線価が定められた地域では路線価を、定められていない地域では倍率方式を用いて評価を行います。

路線価とは、国税庁によって定められた路線に面する宅地1㎡あたりの評価額のことです。国税庁のホームページで確認をすることで、評価額の計算ができます。ただしそのままの評価額を利用するのではなく、土地の面積や形状、周辺の環境によって補正をおこなうと多くの場合評価額が下がります。評価額が下がると結果、納税額を下げることにつながります。つまり、路線価より算出された評価額をそのまま相続税の計算に使うことはないので注意しましょう。また、倍率方式を用いる際は、その土地の固定資産税評価額に乗じて地域ごとに定められた一定倍率を計算します。

一方、建物の評価は、固定資産税評価額そのものが評価額となります。課税標準額とは異なるので注意しましょう。様式は各市町村によって異なりますが、毎年春ごろに届く固定資産税納税通知書に価格と数字が記載されていますので、そこで固定資産税評価額を確認することができます。

 

不動産の評価はこのように大変複雑となっており、適切に評価計算をするには専門的な知識が必要となるため、ご自身ではなかなか難しいと考えられます。また、相続税申告には期限がありますし、申告漏れによるペナルティも考えられますので、ぜひ専門家に相談することをおすすめします。京都滋賀相続税申告相談所では、相続税申告の専門家である税理士が多数揃い、皆様のお悩みにお答えします。相続税について何かお悩みやお困り事がありましたら、お気軽にご相談ください。京都の皆様のご利用を心よりお待ちしております。

相続税申告なら京都滋賀相続税申告相談所

京都エリア、滋賀エリアを中心に相続税申告をワンストップでお手伝いいたします。
まずは、お気軽に無料相談をご活用ください。

  • 初回の無料相談はこちら
  • 事務所案内
  • アクセス

電話:075-741-6530

【アクセス】京都オフィス
京都市営地下鉄 東西線の烏丸御池駅より徒歩3分の好アクセス!

〒604-8162 
京都府京都市中京区七観音町623番地 第11長谷ビル5階