相続税に関するご相談事例をご紹介いたします。

南部地域

滋賀の方より相続税申告についてのご相談

2018年09月03日

Q:自宅で保管していた現金が見つかったが相続税申告が必要ですか?(滋賀)

滋賀で暮らしていた祖母が亡くなりました。不動産を多く所有しておりましたので、相続税申告が必要である事は分かっていましたので準備を進めておりますが、その中で自宅で保管をしていた現金についての扱いが分からず困っております。滋賀の銀行等に財産の確認もしている所ではありますが、それとは別に自宅で保管していた現金も相続財産に含まれるのでしょうか?(滋賀)

 

A:ご自宅で保管しているたんす預金等も相続税申告が必要となる相続財産です。

相続税の対象となる相続財産は、亡くなった方の保有財産全てが対象となります。もちろん、この中にはたんす預金など手許現金も含まれます。銀行等の預金と現金の全ての総額を集計する必要があります。

相続税申告は自己申告制度です。財産の全てに証明書が必要となるわけではありませんので、たんす預金などの現金については、申告せずにそのまま自宅で保管していれば税務調査も入らないだろうと考える方もいるかもしれませんが、そんな事はありません。税務署は、被相続人の生前の所得金額を把握しています。それまでの所得水準と比べて、口座の残金が少ない場合や生前に多額の引き出し等があればその現金の行き先についてを口座の取引履歴などを元に事細かに調べます。この時、被相続人の口座だけではなく相続人の口座についても不自然な入金等がないかを確認し、疑わしい箇所については相続人にも説明を求めてきますので、税務調査について生前から十分に理解をしておきましょう。

私ども京都滋賀相続税申告相談所では、滋賀の方からの相続税申告について数多くお手伝いをしています。今回のような手許現金がある場合等、相続税申告についてご不安な点がありましたらお気軽にご相談下さい。生前からの相続税対策についてもご案内させて頂きますので、無料相談へとお越しください。

 

草津在住ですが、母の自宅(名古屋)と賃貸マンション(東京)があり、相続税の申告はどの地域の税理士さんに依頼するべきですか?(草津市)

2016年09月06日

草津市在住の方から、税理士の対応エリアのお問い合わせ

名古屋に住む母が亡くなりました。 私は草津に住んでいますが、自宅(名古屋)と賃貸マンション(東京)があり、相続税の申告が必要です。 どの地域の税理士さんに依頼するべきですか?

どの地域の税理士でも大丈夫です。が・・・

相続税申告書は日本全国、どこからでも提出は可能ですし、もちろん法律(税法)も日本全国同じです。 ですので、どの地域の税理士でも問題ありませんが、地域よりも相続税に強い税理士に依頼する事が重要です。 相続税は所得税や法人税など、毎年申告のあるオーソドックスな税金ではないので、まだまだ経験が浅い税理士も多い と思われます。 また、相続税は民法の知識、不動産の知識など、通常の税務申告では求められない特別な知識が必要となりますので、それらの知識が不十分だと税金が高くなったり、納税者の方の不利益にも繋がりかねません。

しかし、一番重要なのは、ご自身が相談しやすい、信頼できる税理士にご依頼されることだと思います。 相続税は、申告期限まで、何度も税理士との打合せや、やり取りが必要となります。 相続人様の意向をしっかり聞き、聞きなれない専門用語が出てきても、「それって、どういう意味ですか?」と気軽に聞ける、そんな関係性が大切です。

ぜひ一度、私どもの「人となり」を確認にいらしてください。

相続税申告なら京都滋賀相続税申告相談所

京都エリア、滋賀エリアを中心に相続税申告をワンストップでお手伝いいたします。
まずは、お気軽に無料相談をご活用ください。

  • 初回の無料相談はこちら
  • 事務所案内
  • アクセス

電話:075-741-6530

【アクセス】京都オフィス
京都市営地下鉄 東西線の烏丸御池駅より徒歩3分の好アクセス!

〒604-8162 
京都府京都市中京区七観音町623番地 第11長谷ビル5階