相続税に関するご相談事例をご紹介いたします。

長岡京市

葬儀費用の相続税控除について。(長岡京市)

2016年10月18日

長岡京市の方から、相続税控除についてのご質問

Q:葬儀費用は、相続税の課税価格から控除出来ると聞きましたが、どの範囲まで出来ますか?

A:葬儀にあたり、必ず発生するであろう費用については控除の対象となります。

相続税においての葬儀費用とは、「葬儀にあたり、必ず発生するであろう費用」です。
仏式、神式、キリスト教式、様々な宗旨がありますが、お葬式に必要な費用は葬儀費用に該当し、葬儀に必要のないものは葬儀費用として控除できないと考えれば問題ありません。また「領収書がありません」と仰る方も多いのですが、基本的には、支払いの事実があり、「いつ、誰に、いくら支払ったのか」の メモがあれば結構です。
 
  • 【葬儀費用に該当するもの】
  1. (1) 葬式や葬送に際し、又はこれらの前において、火葬や埋葬、納骨をするためにかかった費用
  2.    (仮葬式と本葬式を行ったときにはその両方にかかった費用が認められます。) 
  3. (2) 遺体や遺骨の回送にかかった費用
  4. (3) 葬式の前後に生じた費用で通常葬式にかかせない費用
  5.    (例えば、お通夜などにかかった費用がこれにあたります。) 
  6. (4) 葬式に当たりお寺などに対して読経料などのお礼をした費用
  7. (5) 死体の捜索又は死体や遺骨の運搬にかかった費用
   【葬儀費用に該当しないもの】
  1. (1) 香典返しのためにかかった費用
  2. (2) 墓石や墓地の買入れのためにかかった費用や墓地を借りるためにかかった費用
  3. (3) 初七日や法事などのためにかかった費用 」

相続税申告なら京都滋賀相続税申告相談所

京都エリア、滋賀エリアを中心に相続税申告をワンストップでお手伝いいたします。
まずは、お気軽に無料相談をご活用ください。

  • 初回の無料相談はこちら
  • 事務所案内
  • アクセス

電話:075-741-6530

【アクセス】京都オフィス
京都市営地下鉄 東西線の烏丸御池駅より徒歩3分の好アクセス!

〒604-8162 
京都府京都市中京区七観音町623番地 第11長谷ビル5階