相続税申告・相続税対策、相続手続き、各種財産の名義変更まで、F&Partnersグループは、近畿圏で最大級の実績で無料相談からお手伝い

相談事例Q&A

ご相談事例
Q&A形式でご紹介いたします

  • Q&A一覧
  • テーマ別
  • 地域別
  • 知っておくべき5つのこと
  • 正しい選び方

サポート内容

相続税申告や生前対策に関する無料相談やサポート料金は、こちらからご確認ください。

相続開始 後 の手続き

相続税申告の流れ、不動産などの財産評価、各種税務に関する専門情報はこちらでご確認下さい。

生前対策(相続開始 前)

相続税申告や生前対策に関する無料相談やサポート料金は、こちらからご確認下さい。

京都の相続税申告を無料相談からお手伝い  代表税理士 重谷 文野

税理士 重松文野

 代表 税理士  重谷 文野

当サイトをご覧いただき、誠に有難うございます。

京都滋賀相続税申告相談所」を運営する、京都の税理士 重谷文野と申します。

当サイトは相続税申告や生前対策に関する情報をなるべく分かりやすく、お客様の立場に立って記載させていただきました。

少しでもお客様のお役に立てればと思いますが、相続税申告や生前対策は非常に難解で税務調査のリスクも高い分野でございます。

相続税申告でお困りの方は、お気軽に京都滋賀相続税相談所にお問合せください。初回は完全無料でご相談を承っております。

当グループの司法書士北詰の執筆著書が発刊されました

京都・滋賀・大阪の専門家として紹介されました

相続税の改正と、今後の相続税対策について

平成27年1月1日の税制改正により、相続税の基礎控除額が大幅に減額しました。この税制改正により、これまでより相続税申告が必要となる方が、大幅に増えることになりました。今後は、相続税申告はこれまで以上に多くの方が対象となってきますので、一般のご家庭でも関係無い話ではありません。申告をしないと追徴課税もありますので、しっかりとした確認が必要になります。

こうした増税の流れではありますが、多くの方にとって相続税申告に限らず、相続自体が一生に1度か2度かの話ですから、まったく身近な話ではありません。どのように手続きを進めたらよいか、どのように財産調査をして、どのように財産を評価をするのか。また、課税が控除される特例は、どれが使えるのか、しっかりとした知識が無ければ、税金を多く支払ってしまう事もあります。ご存知ない方も多いのいですが、納税は申告主義ですから、多く税金を支払ってしまっても税務署が間違えていますよ、と返金はしてくれません。反対に少なく申告すると、足りない金額については、申告漏れがあったとして追徴課税の対象となります。ですから、一般の方が自ら慣れない申告をしてしまうと、必要以上の税金を支払ってしまう可能性もあります。

私たちは、税理士として違法な手続きをお手伝いすることは出来ませんが、適切な税金を支払うお手伝いをする事はできます。

的確に相続財産を評価し、そして必要以上の税金を支払う事が無いように、そして出来るのであれば法律に認められた範囲で適切に節税が出来るように専門家としてお手伝いをさせていただく事が可能です。まずは、お気軽に無料相談をご利用ください。何をいつまでにしなくてはいけないのか、どんなところがポイントなのか、どんな特例があるのか、親身にアドバイスをさせていただきます。

京都にお住まいの方であれば、非常にアクセスのよい場所に事務所を構えておりますのでお気軽にお越しください。(京都市営地下鉄 東西線の烏丸御池駅より徒歩3分)

 

 

京都・滋賀で相続税申告に強い税理士とは

京都の皆様、相続税申告を依頼する税理士はどのような基準で選ぶかをご存じでしょうか?京都にも税理士事務所は数多くありますが、全国的にも相続税を専門とする税理士は1割程度しかいないと言われています。すでに税理士の知り合いがいる方であっても必ずしも相続税分野に精通した税理士とは限りません。

相続税申告は特例等も多く、税理士が行う仕事の中でも「知識と経験」を必要とする業務のひとつです。もちろん専門としない税理士に依頼をしても仕事を最後まで遂行してくれることがほとんどですが、お客様にとって常に最善の結果になるとは言い切れないのです。

というのも、相続税申告は税理士の力量によりお客様の納税金額自体に差がでることがあるのです。
相続税は申告納税制度を採用しているため自らが税金を計算し納税をしなければいけません。様々な特例や控除等を適用し相続税額を算出できるかは税理士の能力や経験によるところがあります。残念なことに適切な金額より多く納税したからといって税務署から自動的に還付されることはありません。相続税申告は税理士試験の科目にない民法の知識も求められるため、普段から相続税申告をメインとしている税理士に依頼したほうが安心であるといえるでしょう。京都の皆様に相続税申告に強い税理士の選び方についてのポイントをお伝えさせていただきます。

 

1 不動産評価に強い

相続税の計算を行うためには、前提として課税対象となる相続財産の評価額を算出します。現金等は額が明確ですが、不動産は土地の形状等が全て一定でない為、様々な要素を考慮しながら計算する必要があります。土地は「路線価」にて計算することが原則ですが、土地によっては不動産評価額に補正率を乗じることができ、結果、評価額を下げることにつながります。

特に京都は様々な地形のうえに古くから続く建物が多くありますが、この不動産評価の方法は非常に複雑なため、土地がもつ特徴をくみとり評価額から適切な補正を行うことは税理士であっても経験や知識のない限り簡単には行えません。不動産の評価額を下げることができれば、最終的な納税額にも影響がでます。適正である以上の税金を納めることがないように、税理士に依頼する際には確認してみてください。

 

2 書面添付制度を活用しているか

書面添付制度とは相続税の申告作業を担った税理士がどのような資料を参考にし、どういった考えで申告書を作成したのかという情報を記載した書面を作成し、申告書に添付して税務署に提出するという制度です。この制度を利用すると一般的に税務調査に入られるケースが少なくなる傾向にあります。お客様にとって非常にメリットの大きい制度ですが、全ての税理士が行っているわけではありませんので、税理士を選ぶポイントとしてご検討いただくことをおすすめします。

 

3 仕事完了のスピードが速くワンストップ対応ができる

相続税は申告期限が明確に定められており、間に合わないと追徴課税を課せられるというリスクがあります。また相続税の申告期限までに遺産分割協議が整っていないと未分割で申告することになりますが、特例や控除によっては未分割の申告の場合、その時点での適用ができないものもあります。その場合、一般的に本来よりも多い額の相続税を納め、後々修正申告や更正の請求をするという流れになるため、結果、相続の手続き自体が長期化してしまうことになりかねません。財産の評価から相続税の試算までをスピーディに対応できる税理士の場合、お客様が相続人間で余裕をもって話し合いができる時間を提供することができます。また税務分野以外にもワンストップで対応できるような税理士事務所であれば、トラブルが発生した時にも安心です。

 

京都の皆様に上記にて3つのポイントをお伝えさせていただきました。京都で税理士をお探しの方はぜひご参考ください。

 

相続税の申告期限は被相続人が死亡したことを知った日の翌日から10か月以内に行うことという決まりがあります。10カ月というと長く感じられる方もいらっしゃるかもしれませんが、何をして良いのかも分からないうちに時間だけが過ぎてしまい焦って事務所にお越しいただく方も多くいらっしゃいます。相続税申告に必要な書類の中には取り寄せに時間のかかるものもございますので早めに取り掛かるのに越したことはありません。また相続税について調べた結果、ご自身で相続税申告は必要ないと判断される方もいらっしゃいますが、自己判断はとても難しいためお勧めできません。京都の皆様、借金しかないなど明らかに不要である場合を除き、一度相続税を専門とする税理士にご相談ください。

 

京都滋賀相続税申告相談所では無料の個別相談を開催しています。個別相談では京都エリアで相続税申告の実績をもつ専門家がお客様それぞれのお悩みに対して、解決への道筋をご提案させていただきます。相続税申告の他にも、生前対策のご相談等もお受けしておりますので京都の皆様、些細なご心配事もお気軽にご相談ください。お問い合わせをお待ち申し上げております。

 

相続に関する手続き報酬一覧

相続税申告(税理士)
相続手続き(司法書士・行政書士・信託会社)
遺言書作成(司法書士・信託会社)

 

京都・滋賀で相続税や遺産整理に関する無料相談

shige02

相続に関するご相談はお気軽にどうぞ。親身に無料相談から対応させていただきます。

安心のサポート体制!

エフ&パートナーズグループでは、累計3000件を超えるお手伝い実績があります。これまでも京都・滋賀を中心とした近畿エリアのお客様を数多くサポートさせていただきます!

損をしない相続税申告をしたい方は、京都滋賀相続税申告相談所へお気軽にご相談ください。

 

相続税について詳しくは下記をご覧ください

新着情報

無料相談実施中!

  • 無料相談はこちら
  • 事務所案内はこちら
  • 事務所へのアクセス

事務所案内詳しく見る

京都オフィス
〒604-8162
京都市中京区七観音町623番地 第11長谷ビル5階

パートナー
司法書士詳しく見る

滋賀オフィス
〒525-0027
滋賀県草津市野村1丁目2番16号
大阪オフィス
〒540-0026
大阪市中央区内本町1丁目1番1号 OCTビル4F

アクセス詳しく見る

  • 京都・滋賀・大阪相続遺言相談所
  • 京都・滋賀・大阪 測量・調査・登記相談所
  • 一般社団法人近畿シルバーライフ協会
  • 士業専門の転職サイト 士転職ドットコム