相談事例Q&A

ご相談事例
Q&A形式でご紹介いたします

  • Q&A一覧
  • テーマ別
  • 地域別
  • Q&A一覧
  • テーマ別

生前贈与と贈与税

ここでは贈与についてご説明させていただきます。

まず贈与とは、個人が所有している財産を誰かにあげることをいい、財産を贈与する者「贈与者」と、財産をもらう者「受贈者」との間にあげる、もらうという合意のもとで成立します。この贈与の際に受贈者にかかる税金を贈与税といいます。

この贈与税には基礎控除額が設定されており、年間110万円を超える財産を贈与した場合に贈与税が課せられます。この控除額を超える贈与の場合には贈与した相手が家族であろうと、他人であろうと、受贈者は贈与税を納付しなければなりません。また60歳以上の親から、20歳以上の子や孫に財産を贈与する場合には2,500万円までは贈与税がかかりません。

贈与の課税対象となる財産とは、現金・預貯金・不動産(土地・建物)・株式・有価証券・貸付金・営業権など、金銭に見積もることができるものは全て対象となります。

ただし、夫婦や親子、兄弟姉妹などの扶養義務者からの生活や教育をする為に与えた財産に関しては、通常必要とされる財産である為、贈与にはなりません。その他にも贈与税がかからない贈与があります。

贈与があった事実は必ず書面に残しておきましょう。

 

贈与税の課税標準

贈与税の課税標準とは、納税義務者が一年間に贈与によって取得した財産の価額の合計金額のことで、課税価格ともいいます。

合計した課税価格から、年間110万円の基礎控除と、婚姻期間20年以上の夫婦間における居住用の不動産の贈与があった場合には2,000万円までの配偶者控除を引いた残額に贈与税が課せられます。

相続税と贈与税の税率を比べてみると、相続税では1,000万円まで10%であるのに対し、贈与税では200万円まで10%となっており、最高税率の50%も相続税では3億円超の額に対して適用されますが、贈与税では1,000万円の額に対して適用されます。このように税率をみてみると、相続税より贈与税の方が重いということが分かります。

相続税の生前対策の為にご自身の財産を生前贈与する場合には、これらの税率を考慮した上で行う必要があります。ただ、生前に財産を贈与すればいいというわけではなく、年間で110万円以下の贈与であれば、贈与税がかからないという点を理解し、1年間にこの控除の範囲で贈与を考えるのが生前にできる対策の一つです。ただし、非常に専門的な分野となりますので、生前対策で贈与をお考えの方は当相談所の無料相談をご活用ください!

 

その他、生前対策と相続税に関する詳しい情報はこちら!

 

F&Partnersグループ

img_shuugou2

F&Partnersグループでは、遺産相続・相続税申告をワンストップでお手伝い。
まずは、お気軽に無料相談をご活用ください。

  • 初回の無料相談はこちら
  • 事務所案内
  • サポート料金
  • アクセス

電話:075-741-6530

無料相談実施中!

  • 無料相談はこちら
  • 事務所案内はこちら
  • 事務所へのアクセス

事務所案内詳しく見る

京都オフィス
〒604-8162
京都市中京区七観音町623番地 第11長谷ビル5階

パートナー
司法書士詳しく見る

滋賀オフィス
〒525-0032
滋賀県草津市大路1丁目1番1号 エルティ932-113
大阪オフィス
〒540-0026
大阪市中央区内本町1丁目1番1号 OCTビル4F

アクセス詳しく見る

  • 京都・滋賀・大阪相続遺言相談所
  • 京都・滋賀・大阪 測量・調査・登記相談所
  • 一般社団法人近畿シルバーライフ協会
  • 士業専門の転職サイト 士転職ドットコム