相談事例Q&A

ご相談事例
Q&A形式でご紹介いたします

  • Q&A一覧
  • テーマ別
  • 地域別
  • Q&A一覧
  • テーマ別

小規模宅地の特例

小規模宅地の特例とは相続や遺贈によって取得した財産のうち、被相続人の事業の用または居住の用に供されていた宅地などが、建物の敷地の用に供されていたものがある場合に関しては、ある一定の要件のもとその宅地等の限度面積までの部分について80%または50%を減額するという制度のことです。

この小規模宅地の特例は、取得した者ごとに判定されることになっております。
以下割合いです。小規模宅地の特例は制度の改正により平成27年1日1日以降に相続が発生した場合の割合になります。それ以前の相続については割合が異なりますのでご注意ください。

区分 減額割合 限度面積
特定居住用宅地等 80% 330㎡

特定事業用宅地等
特定同族会社事業用宅地

80% 400
貸付事業用宅地等 50% 200

 

相続の計算と申告に関する詳しい情報はこちら!

F&Partnersグループ

F&Partnersグループでは、遺産相続・相続税申告をワンストップでお手伝い。
まずは、お気軽に無料相談をご活用ください。

  • 初回の無料相談はこちら
  • 事務所案内
  • サポート料金
  • アクセス

電話:075-741-6530

無料相談実施中!

  • 無料相談はこちら
  • 事務所案内はこちら
  • 事務所へのアクセス

事務所案内詳しく見る

京都オフィス
〒604-8162
京都市中京区七観音町623番地 第11長谷ビル5階

パートナー
司法書士詳しく見る

滋賀オフィス
〒525-0027
滋賀県草津市野村1丁目2番16号
大阪オフィス
〒540-0026
大阪市中央区内本町1丁目1番1号 OCTビル4F

アクセス詳しく見る

  • 京都・滋賀・大阪相続遺言相談所
  • 京都・滋賀・大阪 測量・調査・登記相談所
  • 一般社団法人近畿シルバーライフ協会
  • 士業専門の転職サイト 士転職ドットコム