相談事例Q&A

ご相談事例
Q&A形式でご紹介いたします

  • Q&A一覧
  • テーマ別
  • 地域別
  • Q&A一覧
  • テーマ別

相続財産評価の必要書類

相続財産の評価は、相続財産を相続税法の諸規則に従って評価を行います。これを財産評価といいます。相続財産はプラスの財産(資産)とマイナスの財産(債務)に分類することができます。ここではプラスマイナス、それぞれの相続財産の財産評価を行う際に必要な書類についてご紹介していきます。

プラスの財産(資産)の評価に必要な書類

預貯金の評価に必要な書類

被相続人が亡くなった時点での預貯金の残高が相続財産になります。亡くなった時点での下記の書類が必要となります。

  • 預貯金通帳(過去3年分)
  • 預金残高証明書
  • 定期預金当がある場合は、預金証書

 

生命保険の財産評価に必要な書類

被相続人が保険料を支払っていた生命保険契約が相続財産となります。

  • 保険証書
  • 死亡保険金の支払い明細書

 

不動産の評価に必要な書類

被相続人が土地・建物当を所有していた場合はそれらが相続財産となります。土地建物の所有権や形状などにより必要になる書類が異なりますが、主に必要となる書類は下記になります。

  • 登記簿謄本
  • 固定資産税評価証明書
  • 土地の形状及び面積の分かる書類
  • 不動産の立地場所が分かる地図
  • 賃貸している場合には賃貸契約書

 

未収金の評価に必要な書類

未収金とは、退職金や弔意金、最終給与など、これから支払われるお金のことです。これらの金額の詳細が記載された書類が必要となります。

  • 通知書
  • 貸付金がある場合には金銭貸借契約書
  • 契約に基づく未収金がある場合には、請求書や契約書など

 

有価証券の評価に必要な書類

取引相場がある場合

  • 証券会社に預けている有価証券の残高証明書
  • 有価証券が手元にある場合にはその現物

取引相場の無い場合

  • 過去3年分の決済書・法人税申告書
  • 不動産を所有している場合には上記不動産の財産評価に必要な書類一式

 

マイナスの財産(負債)評価に必要な書類

借入金の財産評価に必要な書類

  • 借入残高証明書、借入金返済予定表など。
  • 金銭消費貸借契約書

 

未払い金の財産評価に必要な書類

  • 未払いである税金(固定資産税、所得税、住民税など)がある場合はその通知書や領収書
  • クレジットカードの未払い金がある場合はその明細書
  • 死亡時に支払った医療費がある場合にはその請求書または領収書
  • その他、被相続人宛ての各種請求書や領収書など

 

葬式費用集計に必要な書類

  • ご遺体の運搬にかかった費用の領収書
  • ご遺体やご遺骨の回送にかかった費用の領収書
  • お通夜や葬儀にかかった費用の領収書
  • 読経を依頼した住職へのお布施の領収書

 

その他、相続財産の評価に関する詳しい情報はこちら!

F&Partnersグループ

F&Partnersグループでは、遺産相続・相続税申告をワンストップでお手伝い。
まずは、お気軽に無料相談をご活用ください。

  • 初回の無料相談はこちら
  • 事務所案内
  • サポート料金
  • アクセス

電話:075-741-6530

無料相談実施中!

  • 無料相談はこちら
  • 事務所案内はこちら
  • 事務所へのアクセス

事務所案内詳しく見る

京都オフィス
〒604-8162
京都市中京区七観音町623番地 第11長谷ビル5階

パートナー
司法書士詳しく見る

滋賀オフィス
〒525-0027
滋賀県草津市野村1丁目2番16号
大阪オフィス
〒540-0026
大阪市中央区内本町1丁目1番1号 OCTビル4F

アクセス詳しく見る

  • 京都・滋賀・大阪相続遺言相談所
  • 京都・滋賀・大阪 測量・調査・登記相談所
  • 一般社団法人近畿シルバーライフ協会
  • 士業専門の転職サイト 士転職ドットコム